ブライダル用ビデオのお願い

10月 12

結婚式の新郎新婦の思い出として、身内もしくは専門家にブライダル用ビデオをお願いすることがある。これは、決して珍しいことではなく、二人の思い出に残しておきたいと思う人がたくさんいるということのあらわれだ。しかし、これを本番でミスしてしまうと大変なことになる。一生に一度しかないこのブライダル用ビデオを失敗するなんて考えられないと言われても仕方がない。一生責められることのないように、予備の準備はしよう。

本番は一度しかない。後にも先にもないこの瞬間をいかに成功させるかが重要だ。結婚式に何度も呼ばれている人には常識としていることも、はじめての人にはよくわからないために、焦って失敗してしまったりする。そのために、たのむひとはよく考える必要がある。年齢が上がるにつれてスキルアップすることは普通のことだ。しかし、人間には失敗はつきもの。何があるかわからないこの世の中、二人はお願いしておくことが妥当ではないかと思う。

ブライダル用ビデオを見て不愉快になる人はあまりいない。羨ましいとか綺麗とかいうことはあっても、不快になると思う人は、心がひねくれていると思う。綺麗な花を見て、むかつくとかいうようなもので、三角関係の相手とか、寝取られたとかではなければ、常識的には考えられない。素直に他人の幸せを喜べる人こそが、余裕がある人というふうに思われるし、いろんな人にも慕われる。このような存在になることができれば、人生うまくいくことだろう。


Comments are closed.