ブライダル用ビデオを撮ってみよう

一生に一度しかない結婚式を思い出に残したいという人は多いはずである。わたしは結婚式に写真をお願いしたが、ブライダル用ビデオは依頼してなかったので、非常に後悔している。やはり、結婚式を動画で残しておいた方がいいと実感した。もちろん、写真のよさは十分の承知であるが、結婚式の感動をそのまま伝えるのは、その場の雰囲気や人の動きを捉えておくことのできる媒体が一番よい。ブライダル用ビデオは打ってつけのものである。

ブライダル用ビデオを撮るためには、まず撮影者を選ばなければならない。友人にお願いするという手があるが、わたしはあまりおすすめしない。なぜかと言うと、写真と違って動画は断続的に映像を撮らなくてはならないので、ゲストの時間を拘束してしまい、せっかくの結婚式を楽しんでもらう時間を失ってしまうからだ。やはりここはプロにお願いしたい。ブライダル用ビデオ専門に録画する会社であれば、結婚式をさらに感動的なものにおさめてくれるだろう。

また、わたしの友人はブライダル用ビデオを使って、粋な演出をしてくれた。結婚式も大詰めで、最後にエンディングロールを流し始めたとき、バックの映像が見覚えのある光景であることに気付いた。それは、つい先程参列した結婚式の挙式風景を撮影したものだった。おそらく披露宴のみ出席した人たちように、撮影したものをすぐ流してくれたのだろう。実際に参列していたわたしたちにとっても、驚きと感動を与えたものに間違いはなかった。